2013年01月02日

コクリコ坂から



企画・脚本/宮崎 駿 
監督/宮崎吾朗

<ストーリー>
スタジオジブリと宮崎吾朗監督が、親子2世代にわたる青春を描いた長編アニメ。太平洋戦争が終わって18年。明治に建てられた歴史と思い出の詰まった高校をめぐり、小さな紛争が起こる。そんな中、ある高校生の男女が心を通わせ助け合っていく。

<感想>
本当に、ホノボノした作品です。ちょっと胸キュンしたい時には、ちょっと良いかも。ストーリーも、港南高校にある学生会館「カルチェラタン」の建て壊しを巡るホノボノとしたストーリー。その中で主人公達が繰り広げる恋愛物語。う〜ん、良い感じ。。。

お勧め度 ★★★☆☆
鑑賞記録 2013年1月2日(火)自宅のプロジェクターで鑑賞
posted by mark4033 at 21:13| Comment(0) | 邦画ー恋愛もの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。