2011年09月10日

塔の上のラプンツェル/ディズニーらしい大人から子供まで楽しめる作品




ディズニー長編アニメーション第50作記念作品としてグリム童話から誕生した作品。18年間、外の世界を知らずに、深い森の奥の塔の中で暮らしてきた美しい少女ラプンツェル。大泥棒のフリンとの出会いをきっかけに、魔法の髪に導かれて、ラプンツェルの未知の世界への旅が始まるという作品。

【感想・レビュー】
作品自体は、とってもディズニーらしい作品。美女と野獣も越える作品という前評判の通り、楽しめる作品に仕上がっている。また、3Dのレビューのところにも「すごい!」とのコメントが沢山ついているので、そこも気になるところ。

お勧め度 ★★★★☆
鑑賞記録 2011年9月10日(土)自宅プロジェクターで鑑賞 (iTunesレンタル)

ディズニーつながりで、こちらもどうぞ!










ラベル:ディズニー
posted by mark4033 at 17:17| Comment(0) | ディズニー映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。