2011年10月09日

シリーズ第4弾ダイハード4



4話目の事件は独立記念日の前夜に起こる。場所はワシントンDCのFBI本部に設置されたサイバー犯罪部。交通、通信、原子力、水道などのあらゆる全米のインフラを監視するシステムに何者かがハッキングを仕掛ける。
そのころ、ニューヨーク市警統合テロ対策班のジョン・マクレーン警部補は、しばらく連絡を取っていない別れた妻との娘ルーシーに会うために、管轄外であるニュージャージー州の大学に立ち寄っていた。その時、FBIから、ニュージャージー州内に住むマットというハッカーの身柄を確保し、FBI本部に連れて行けという無線連絡が入る。


出演: ブルース・ウィリス、ジャスティン・ロング
監督: レン・ワイズマン

【感想・レビュー】
シリーズ3作目で終わりかと思っていたが、4作目が出てのだが、はっきり言って、このシリーズは3作目で完結しておくべきだったかな?というのが、正直な感想。ブルース・ウィリスも、年をとりますし、ね。動きに切れがないのは、仕方ないと思うのですけど。。。。

お勧め度 ★★★☆☆
鑑賞記録 2007年頃に鑑賞したと思われる。

【ブルース・ウィリスつながりで、同時に見るなら・・・】







posted by mark4033 at 18:48| Comment(0) | 洋画ーアクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。